自己保持回路とは?

リレーシーケンス リレーシーケンス

シーケンスの基本回路についてやさしく解説しています。一見、複雑そうに思えるシーケンス図ですが、実は基本となる回路をいくつか組み合わせて構成されていることがほとんどです。シーケンス制御には、基本回路と呼ばれる回路がいくつかあります。このページでは基本回路の一つである「自己保持回路」について説明しています。

自己保持回路

リレーは接点部とコイル部をうまく組み合わせて配線することにより、色々なシーケンス動作を実現することができます。その中で、最も使われている典型的な回路に、自己保持回路と呼ばれるものがあります。

下の図は一番オーソドックスな自己保持回路の例です。簡単に動作の説明をしますと、入力の押しボタンスイッチBS1を一度押すとランプLは点灯し続けます。禁止入力のBS2を押すとランプは消灯します。この「点灯し続ける」回路が、自己保持回路なのです。

自己保持回路

リレーに与えられた動作信号(セット信号)を受けて、自分自身の接点によってバイパス回路を作り、動作回路を保持します。又、復帰信号(リセット信号)を与えることにより復帰することができる回路です。

自己保持回路のセット動作の順序

 

自己保持回路SET動作

① 押しボタンスイッチBS1を押すことにより、リレーRのコイルに電流が流れます

② リレーRのコイルに電流が流れると、可動鉄片の吸引により、リレーRのa1とa2接点が閉じ、回路が形成されます。

③ 押しボタンスイッチBS1を離しても、②の回路が成立しているので、電流が流れて動作が継続します。(この状態を、自己保持をするといいます。)

自己保持回路のリセット動作の順序

自己保持RESET動作

① 押しボタンスイッチBS2を押すことにより、セット動作中の回路の電流がストップします。

② リレーRが復帰し、リレーRの接点a1とa2が開きます。

③ 押しボタンスイッチBS2を離しても、リレーRの接点a1とa2は開いたままとなるので、復帰した状態となります。(この状態を、自己保持を解くといいます。)

自己保持回路のセット優先とリセット優先

自己保持回路で、セット信号とリセット信号を全く同時に入力した場合、セット信号を優先させる回路を「セット優先自己保持回路」、リセット信号を優先させる回路を「リセット優先自己保持回路」といいます。

これまで説明してきた自己保持回路は「リセット優先の自己保持回路」です。「セット優先」は下の図のようなシーケンス図になります。

動作の順序はリセット優先と同じようになりますが、セット優先の回路は、「BS1とBS2を両方とも」押しているとき、ランプLは点灯します。

セット優先自己保持回路

自己保持回路は、ほぼすべてといっても良いほど、シーケンス制御には使われています。自己保持回路の動作は論理回路の「AND回路」と「OR回路」および「NOT回路」を理解しているとわかると思います。自己保持回路の考えかたは必ず自分のものにしておいてください。
リレーシーケンス
cubeをフォローする
基礎からわかる電気技術者の知識と資格

コメント