電磁接触器と電磁開閉器とは?

リレーシーケンス リレーシーケンス

電磁接触器(コンタクタ)と電磁開閉器(マグネットスイッチ)はプランジャ形リレーと呼ばれる制御機器です。プランジャ形リレーは、電気的に接点の開閉容量が大きく、絶縁耐力も優れているいます。このページでは、プランジャ形リレーである、電磁接触器と電磁開閉器の基礎知識について、やさしく解説します。

プランジャー形リレーの特徴

プランジャ形リレーは、プランジャ形をした電磁石の力によって駆動し、接点の開閉を行う機器です。主に接点部、電磁石部、外部接続端子で構成されています。動作原理はヒンジ形の電磁リレーと同じですが、電磁リレーと異なるところは、モーターのような大電流が必要な機器の接点として使用される主接点と、電磁リレーのように制御回路に使われる小電流用の補助接点を有しているところです。

プランジャ形リレー

電磁接触器の特徴と動作のしかた

電磁接触器は、外部から電気エネルギーを入力し、コイルを励磁させて電磁石化させるためのコイル端子部と、接点部の動作状況を外部へ出力する接点端子部を持っています。

外部へ出力するための接点端子には、モーターなどの大電流をONやOFFすることができる主接点と、制御回路用とて使用するa接点やb接点があります。接点は2 点で入切を行っており、ヒンジ形リレーと比べて、高電圧大容量の 回路でも利用が可能です。また、機械的寿命も長いのが特徴です。

接点は点検や交換が容易になっていますが、露出部分が多いため埃っぽい箇所などでは、外部環境の影響を受けやすいため、その影響を少なくするために防じんカバーを取り付けたものが主流となっています。

電磁接触器の電磁コイルに電流が流れると、電磁リレーと同じように可動鉄心が磁力で、引き寄せられます。その時、連動して主接点と補助接点は同時に動き、主接点なら閉、補助接点のa接点は閉、b接点は開となります。
電磁接触器

電磁開閉器(マグネットスイッチ)

電磁接触器は、単に電気回路の開閉を行うもので過負荷に対する保護がありません。そこで、過負荷保護が行えるように熱動形過負荷継電器(サーマルリレー)と組み合わせたものを電磁開閉器(マグネットスイッチ)といいます。電磁開閉器は一般的に「マグネット」と呼ばれています。

サーマルリレーはモーターなどの負荷を保護するために、定格電流以上の電流が流れると反応します。バイメタルと呼ばれる、熱膨張率が異なる2枚の金属板を貼り合わせたものに電流を流し、そのわん曲が一定以上になると、連動して接点が動作する構造になっています。

モーターは起動するときに、定格電流の数倍の大電流が流れますが、サーマルリレーが反応すると困るので、短時間では反応しないように整定します。また、サーマルリレーの機能としては「過負荷検出」するだけで、ブレーカーのように「遮断」する機能はありません。

サーマルリレーで検出された「過負荷信号」は、シーケンス回路内で「モーターの異常信号」として、停止させる回路や警報回路などに利用されます。

電磁開閉器

電気用図記号

電磁接触器とサーマルリレーの電気用図記号です。

電磁接触器とサーマルリレーの電気用図記号

電磁接触器は主接点部と補助接点部を別々に書きます。マグネットスイッチを使ったシーケンス回路のページを参照してもらえれば、理解しやすいと思います。

電磁接触器(コンタクタ)と電磁開閉器(マグネットスイッチ)は、モーターなどの大電流をON-OFFさせることができる制御機器です。コイル端子に電流を流せば、主接点と補助接点が同時に動作する構造になっています。
リレーシーケンス
cubeをフォローする
基礎からわかる電気技術者の知識と資格

コメント