リレーシーケンスのフリッカー回路

リレーシーケンス リレーシーケンス

一定時間の間隔で、出力がONとOFFを繰り返す回路をフリッカー回路といいます。2個のオンディレータイマーを組み合わせて簡単に作成できます。オンディレータイマーとは入力の信号を受けると、セットした時間(整定時間)だけ遅れて、接点が動作するタイマーです。入力の信号がなくなると、接点の復帰は瞬時に行われます。このページでは、フリッカー回路の基本を理解してもらえるように、やさしく解説しています。

フリッカー回路

フリッカーリレーといった製品がありますが、2個のオンディレータイマーを使って回路を組むことが可能です。タイマーT1・T2に注目して見ていただければと思います。

フリッカー

フリッカー

フリッカー

① 電源を入れるとタイマーT1がカウントを開始します。

タイマーT1の設定時間後T1のa接点が閉じます。

フリッカー

②  タイマーT1のa接点が動作することにより、リレーR1が動作します。

リレーR1の動作に伴って、2つあるリレーR1のa接点が閉じます。

フリッカー

③ リレーR1のa接点が閉じることにより、リレーR2が動作し、リレーR2のb接点が開きます。

同時に

④ タイマーT2がカウントを開始します。

フリッカー

⑤ リレーR2のb接点が開くことにより、タイマーT1が復帰します。

④’ タイマーT2の設定時間後、タイマーT2のb接点が開きます。

フリッカー

⑥ タイマーT2のb接点が開くことにより、リレーR1が復帰します。

リレーR1の復帰に伴って、2つあるリレーR1のa接点が開きます。

⑦ リレーR1のa接点が開くことにより、リレーR2とタイマーT2が復帰します。

そして①の状態に戻ります。

T1とT2が設定時間で交互に切り替わる、フリッカー回路となります。自己保持回路などを組み合わせて、工夫をすれば、実情にあった回路を組むことができます。
リレーシーケンス
cubeをフォローする
基礎からわかる電気技術者の知識と資格

コメント