シーケンスの論理回路(AND・OR・NOT・NAND・NOR回路)

リレーシーケンス リレーシーケンス

リレーシーケンスの基礎知識について、やさしく解説します。シーケンスの基本論理回路といわれている、「AND回路」「OR回路」「NOT回路」「NAND回路」「NOR回路」について、動作の仕方を理解しておきましょう。基本論理回路を覚えて組み合わせることで、応用力が身に付いてきます。

AND回路

AND回路は入力が二つ以上あるとき、その全ての入力信号が「ON」になれば、出力が「ON」になる回路です。下の図を例にとりますと、入力信号 ” BS1 ” と ” BS2 ” が「ON(押す)」になったら出力 ” L ” が「ON(点灯)」になります。

「 ” BS1 ” と ” BS2 ” 」を英語表記では「 ” BS1 ” and ” BS2 ” 」と書くことからAND回路といわれています。

AND回路

押しボタンスイッチBS1とBS2が同時に押されると、リレーRが動作し、ランプLが点灯します。このように直列に接続された接点が動作した時に働く回路をAND回路といいます。

 

OR回路

OR回路は、入力が二つ以上あるとき、そのいずれかの入力信号が「ON」になったら出力が「ON」になる回路です。下の図を例にとりますと、入力信号 ” BS1 ” または ” BS2 ” が「ON(押す)」になったら出力 ” L ” が「ON(点灯)」になります。

「 ” BS1 ” または ” BS2 ” 」を英語表記では「 ” BS1 ” or ” BS2 ” 」と書くことからOR回路といわれています。

OR回路

押しボタンスイッチBS1またはBS2のどちらかが押されると、リレーRが動作し、ランプLが点灯します。このように並列に接続された接点のいずれかが動作した時に働く回路をOR回路といいます。

 

NOT回路

NOT回路は入力が「ON」のときは出力が「OFF」、入力が「OFF」のときは出力が「ON」になる回路です。NOT回路のことを論理否定回路といいます。

下の図を例にとりますと、入力信号 ” BS1 ” が「ON(押す)」のときは、出力 ” L ” は「OFF(消灯)」。入力信号 ” BS1 ” が「OFF(離す)」のときは、出力 ” L ” は「ON(点灯)」になります。

not回路

押しボタンスイッチBS1が押されると、リレーRは不動作となり、ランプLが消灯します。このように接続された接点が作動した状態で不動作となる回路をNAND回路といいます。

 

NAND回路(NOT-AND)

NAND回路はNOT回路とAND回路を組み合わせた回路です。論理積否定回路ともいいます。

NAND回路

押しボタンスイッチBS1とBS2が同時に押されると、リレーRは不動作となり、ランプLが消灯します。このように接続された接点の全てが作動した状態で不動作となる回路をNAND回路といいます。

 

NOR回路(NOT-OR)

NOR回路はNOT回路とOR回路を組み合わせた回路です。論理和否定回路ともいいます。

NOR回路(NOT-OR)

押しボタンスイッチBS1又はBS2のどちらかが押されると、リレーRは不動作となり、ランプLが消灯します。このように接続された接点のいずれかがが作動した状態で不動作となる回路をNOR回路といいます。

基本論理回路である、「AND回路」「OR回路」「NOT回路」「NAND回路」「NOR回路」について、動作の仕方は必ず理解しておきましょう。これらを組み合わせることで、シーケンス制御は成り立っています。
リレーシーケンス
cubeをフォローする
基礎からわかる電気技術者の知識と資格

コメント