タイマーとは?

リレーシーケンス リレーシーケンス

シーケンス制御では入力と出力に時間差がある回路のことを、タイムディレイ(time delay)回路といいます。この時間差を作り出す制御機器がタイマーです。

タイマーで時間差を作り、遅れることを「遅延」という言葉を使って表現します。タイムディレイ回路は日本語で遅延回路と呼ばれています。

タイマー

タイマーは、電気的または機械的な入力を与えると、あらかじめ定められた時間を経過したのちに、回路を電気的に ”開” または ”閉”にするような接点を持ったリレーです。タイマーのことを、限時継電器ともいいます。

タイマーには「動作時に遅延するタイマー」と「復帰時に遅延するタイマー」があります。尚、動作時に遅延するタイマーを使った回路をオンディレー回路、復帰時に遅延するタイマーを使った回路をオフディレー回路といいます。

タイマーは基本的にはリレーと同じ働きをする制御機器です。コイル端子間に電圧がかかると接点が動きます。ただし、接点が動くタイミングに遅れがあるということを、まずは理解をしておいてください。

限時動作・瞬時復帰(オンディレー)

オンディレーのことを日本語で「限時動作・瞬時復帰」といいます。オンディレーは接点が動作するときに時間の遅れがあり、接点が復帰するときは瞬時に行われるタイマーです。

オンディレータイマーのa接点は、タイマーに電圧がかかると、整定時間後に動作して閉じます。タイマーに電圧がなくなると、瞬間的に開きます

オンディレータイマーのb接点は、タイマーに電圧がかかると、整定時間後に動作して開きます。タイマーに電圧がなくなると、瞬間的に閉じます

タイマーは、時間を任意に設定でき、「設定した時間のことを整定時間」といいます。

タイマーの動作については、文面ではわかりにくいと思いますので、タイムチャートを追うと理解しやすいと思います。

オンディレータイマー

入力信号(タイマーのコイルに電圧がかかったとき)を受けると、セットした時間(整定時間)だけ遅れて、接点が動作するタイマーです。入力信号がなくなり、復帰するときは瞬時に行われます。

瞬時動作・限時復帰(オフディレー)

オフディレーのことを日本語で「瞬時動作・限時復帰」といいます。オフディレーは接点が動作するときは瞬時に行われ、接点が復帰するときは時間の遅れがあるタイマーです。

オフディレーのa接点は、タイマーに電圧がかかると、瞬間的に閉じます。タイマーに電圧がなくなると、整定時間後に動作して開きます

オフディレーのb接点は、タイマーに電圧がかかると、瞬間的に開きます。タイマーに電圧がなくなると、整定時間後に動作して閉じます

オフディレータイマー

入力信号を受けると瞬時に接点が動作します。入力信号がなくなり、復帰するときは、セットした時間(整定時間)だけ遅れて、接点が復帰するタイマーです。

タイマーの図記号

タイマーの図記号

タイマーの図記号は駆動部と出力接点の記号とを組み合わせて表します。駆動部は、一般の電磁リレーと同じ記号が流用されています。

タイマーもリレーと同じように、コイルに電圧がかかると接点が動きます。ただし、接点が動くタイミングに遅れがあるということを理解をしておいてください。その接点が動くタイミングについては、タイムチャートを思い出すとわかりやすいと思います。

 

リレーシーケンス
cubeをフォローする
基礎からわかる電気技術者の知識と資格

コメント