リレーシーケンスのオルタネート(フリップフロップ)回路

リレーシーケンス リレーシーケンス

一つの押しボタンの信号で出力がONとOFFを繰り返す回路をオルタネート回路といいます。又、フリップフロップ回路やラチェット回路、プッシュオン・プッシュオフ回路ともいいます。このページでは、オルタネート回路を通して、複雑なシーケンス回路におけるリレーと接点の動作を順を追って理解してもらえるように、やさしく解説しています。

オルタネート(フリップフロップ)回路

コイルに電圧が加わるたびに接点が交互に切り換わるラチェットリレーといった製品がありますが、リレーを使って回路を組むことも可能です。回路の動作は複雑になりますが、一つのボタンのON・OFFでRXリレーが切り替わるところに注目して見てください。

オルタネート

フリップフロップ

① 押しボタンスイッチBS1を押します。

押しボタンスイッチBS1を押すことにより、リレーR1が動作します。

リレーR1の動作に伴って、3つあるリレーR1の接点が動作します。

フリップフロップ

② リレーR1の接点の動作により、リレーRXが動作します。

リレーRXの動作に伴って、2つあるリレーRXの接点が動作します。

リレーRXは自己保持します。

フリップフロップ

③ 押しボタンスイッチBS1を離します。

押しボタンスイッチBS1を離すことにより、リレーR1が復帰します。

リレーR1の復帰に伴って、リレーR1の接点が復帰します。

フリップフロップ

④ リレーR1の接点が復帰により、リレーR2動作します。

リレーR2の動作に伴って、2つあるリレーR2の接点が動作します。

リレーR2は自己保持します。

フリップフロップ

⑤ 押しボタンスイッチBS1を押します。

押しボタンスイッチBS1を押すことにより、リレーR1が動作します。

リレーR1の動作に伴って、3つあるリレーR1の接点が動作します。

フリップフロップ

⑥ リレーR2動作中であり、リレーR1の接点が動作することにより、リレーR3が動作します。

リレーR3の動作に伴って、2つあるリレーR3の接点が動作します。

リレーR3は自己保持します。

フリップフロップ

⑦ リレーR3の接点の動作により、リレーRXが復帰します。

リレーRXの復帰に伴って、リレーRXの接点が復帰します。(RX自己保持解除)

リレーRXの接点の復帰に伴って、リレーR2が復帰します。

リレーR2の復帰に伴って、リレーR2の接点が復帰します。(R2自己保持解除)

フリップフロップ

⑧  押しボタンスイッチBS1を離します。
押しボタンスイッチBS1を離すことにより、リレーR1が復帰します。

リレーR1の復帰に伴って、リレーR1の接点が復帰します。

すると①の状態に戻ります。

以上がオルタネート回路の説明になります。難解な回路ですが、理解して頂けたでしょうか?
オルタネート回路のように、リレーと接点をうまく組み合わせることにより、色々なシーケンス動作を実現できます。ちなみにオルタネート回路は、ポンプ2台を交互に運転させたいときの回路などに応用されています。
リレーシーケンス
cubeをフォローする
基礎からわかる電気技術者の知識と資格

コメント