押しボタンスイッチとは?

リレーシーケンス

押しボタンスイッチは、人の手で操作することで、ON/OFFするスイッチです。押しボタンスイッチはシーケンス制御で必ず理解をしておかなければならない「接点」についてよくわかる制御機器です。押しボタンスイッチを題材にして接点の理解を深めましょう。

押しボタンスイッチの構造

 押しボタンスイッチは人の手の操作によりON/OFFするスイッチで、制御回路に広く用いられています。押しボタンスイッチは、接点の動作状態から自動復帰形(モーメンタリ動作)と保持型(オルタネイト動作)に分けることができます。

自動復帰形(モーメンタリ動作)

 ボタンを押している時だけ、接点が開または閉となり、手を放すとバネの力で元に戻る接点を持つスイッチです。シーケンス制御では、このスイッチがよく使われています。接点とは、電気回路間に電流を流したり、遮断したりする接触部分のことをいいます。

自動復帰形(モーメンタリ動作)

保持型(オルタネイト動作)

 ボタンを1回押すと、接点が開または閉となり、そのままの状態で保持します。2回目の押し操作でロックが解除されて、接点が元に戻るスイッチです。

保持型(オルタネイト動作)

押しボタンスイッチの接点

 シーケンス制御で用いるスイッチやリレーなどの接点には、a接点とb接点があります。自動復帰形の押しボタンスイッチを例にして、a接点とb接点の動作を説明します。

a接点の押しボタンスイッチ

 押しボタンスイッチを押すと接点が閉じ、手を放すと接点が開くスイッチをa接点の押しボタンスイッチといいます。スイッチは通常状態では、接点が開いているので接続端子間は導通しません。ボタンを押している間は、可動接点と固定接点がくっつき、接続端子間は導通します。尚、「導通」とは、「電気を通すこと」をいいます。

a接点の押しボタンスイッチ

b接点の押しボタンスイッチ

b接点の押しボタンスイッチ

 押しボタンスイッチを押すと接点が開き、手を放すと接点が閉じるスイッチをb接点の押しボタンスイッチといいます。スイッチは通常状態では、接点が閉じており接続端子間は導通します。ボタンを押している間は、可動接点と固定接点が離れ、接続端子間は導通しません。

接点の呼び方

 「a接点」は働く接点(arbit contact アルバイトコンタクト)という意味です。また、常時開いている接点(Normal Open)という意味もあり、その英字の頭文字をとり「NO接点」ともいいます。JIS C 0617 ではメーク接点(make contact メークコンタクト)と呼称されています。

 「b接点」は途切れる接点(break contact ブレークコンタクト)という意味です。また、常時閉じている接点(Normal Close)という意味もあり、その英字の頭文字をとり「NC接点」ともいいます。JIS C 0617 ではブレーク接点(break contact ブレークコンタクト)と呼称されています。

 さらに、一つのスイッチでa接点、b接点の両方を備えた「c接点」(change over contact チェンジオーバーコンタクト)というものもあります。JIS C 0617 では切替接点(change over contact チェンジオーバーコンタクト)と呼称されています。

押しボタンスイッチのシーケンス図

押しボタンスイッチをシーケンス図で表すと下図のようになります。電気機器は電気回路図を書く時にわかりやすいように、IEC(国際電気標準会議)で決められたシンボルである「電気用図記号」使って表します。

接点シーケンス

 押しボタンスイッチの図記号は、見た目でわかりやすいように、接点の図記「/」と押し操作記号「…E」を組み合わせて表します。

コメント