自動制御と計装

信号変換器とは?

自動制御は検出器やセンサーからの信号を読み取り、目標値に近づくように操作量を制御します。検出器やセンサーは温度や圧力・流量といった物理量を、電気信号に変換し制御部へ信号を送るのですが、この信号は統一されていないと、非常に扱いにくいので信号変...
自動制御と計装

制御回路の構成

自動制御は 「検出部」「操作部」「制御部」といった3つの分野で構成されています。人間に例えると「検出部」は目や鼻などの目や鼻などの感覚器官、「操作部」は手や足などの運動器官、「制御部」は中枢器官に該当します。このページでは、初心者の方でもわ...
自動制御と計装

制御回路と計装ループ

計装とは、自動制御を行う目的で、計測装置や計測制御装置を装備することをいいます。つまり、監視や制御の為に検出器や調節器などを取り付け、測定や計測をする技術のことです。このページでは制御と計装ループの構成について、基本的な回路でやさしく解説し...
自動制御と計装

計装ループの端子極性

計装とは、自動制御を行う目的で、計測装置や計測制御装置を装備することをいいます。つまり、監視や制御の為に検出器や調節器などを取り付け、測定や計測をする技術のことです。このページでは制御と計装ループの方式について、基本的な回路でやさしく解説し...
PLCシーケンス

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)とは?

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)とは、シーケンス制御専用ともいえる、マイクロコンピュータのことを言います。一般的にシーケンサとも呼ばれていますが、シーケンサという言葉は三菱電機の登録商標となります。 PLC(プログラマブルロジ...
PLCシーケンス

PLCに入力機器を接続する方法

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)の入力仕様について説明します。また、入力端子にスイッチやセンサなど外部からの入力信号機器を接続する方法について詳しく説明しています。 PLCの入力仕様 PLCでスイッチやセンサから信号を取り込む...
PLCシーケンス

PLCの出力機器接続方法

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)出力仕様について説明します。また、出力端子にランプやリレー、モーターなどの外部機器を接続する方法について詳しく説明しています。 PLCの出力仕様 PLCの出力インターフェイスには、リレー接点出力...
PLCシーケンス

PLCと入出力機器の接続例

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)の入出力端子について説明します。また、入力端子にスイッチやセンサなど外部からの入力信号機器を接続し、出力端子にランプやブザーなど外部へ出力する機器を接続する方法について詳しく説明しています。 P...
PLCシーケンス

ラダー図を使ったPLCプログラミングの考え方

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)はプログラムを実行することによって、制御機器として動作します。PLCが動作することが出来るプログラムをアプリケーションプログラムといいます。このページはラダー図を使ってPLCのプログラムを作るた...
PLCシーケンス

ラダー図の表現方法(図記号)

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)のプログラミング言語であるラダー図で使用される基本的な表現方法を説明します。通常、ラダー図はパソコンの専用アプリケーションで作成します。専用アプリケーションで作成するラダー図は、リレーシーケンス...
PLCシーケンス

ラダープログラム作成のルール

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)のラダー作成のルールについて説明しています。PLCはプログラムを実行することによって、制御機器として動作します。そのプログラムであるラダー図は、シーケンス回路図をラダーシンボルを使って図式化した...
PLCシーケンス

ラダープログラムの処理の流れ

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)のプログラムには、処理が行われる順番があります。このページではラダープログラムの処理順序について説明します。また、ラダープログラムが出力を行うタイミングや、内部リレーの動作についても解説していま...
PLCシーケンス

タイマーの動作(PLC)

ラダープログラムで使われる、タイマリレーの説明です。 タイマーの動作 PLCではタイマーは、オンディレー型が使われます。オンディレー型とは、入力信号(タイマーが動作)を受けると、セットした時間(整定時間)だけ遅れて、接点が動作するタイマーで...
PLCシーケンス

カウンターリレーの動作(PLC)

ラダープログラムで使われる、カウンターリレーの説明です。 カウンターリレーの動作 ラダープログラムで使用される、カウンターは、カウンターリレーにカウント数をつけてプログラムします。上図では(#10)が、上限のカウント数となります。 入...
PLCシーケンス

PLCの自己保持回路

ラダープログラムで使われる、自己保持回路の説明です。リレーシーケンスの自己保持回路については、自己保持回路とは?を参照してください。 自己保持回路(リセット優先) 入力リレー(0.00)が動作すると、出力リレー(10.00)で出力及び、...
PLCシーケンス

オンディレータイマー

入力がONになったあと、一定時間経過後に出力がONになり、入力がOFFになると同時に出力がOFFになる回路をオンディレイタイマーといいます。 自己保持とタイマーを組み合わせた例 入力(0.00)がONになると、補助リレー(100.00)...
PLCシーケンス

PLCのオフディレータイマー

PLCで使われるタイマーはオンディレー型が一般的です。オンディレータイマーをオフディレータイマーとして使うには、プログラムに少々工夫が必要になります。 オフディレータイマー 入力信号がONになると同時に出力がONとなり、入力がOFFになると...
PLCシーケンス

PLCの一定時間動作回路

入力をONにすると同時に出力がONになり、 一定時間経過後、出力がOFFになる回路を一定時間動作回路といいます。 一定時間動作回路 入力(0.00)がONになると、出力リレー(10.00)が動作し、自己保持します。 同時にタイマー(T...
PLCシーケンス

オルタネート(フリップフロップ)回路

一つの入力で出力がONとOFFを繰り返す回路をオルタネート回路といいます。又、フリップフロップやラチェットともいいます。 オルタネート(フリップフロップ)回路 オムロンではDIFU(立ち上がり微分)、三菱では PLS(パルス)という命令...
PLCシーケンス

フリッカー回路

入力をONにすると一定時間の間隔で、出力がONとOFFを繰り返す回路をフリッカー回路といいます。 自己保持とタイマーを組み合わせた例 入力(0.00)がONになると、補助リレー(100.00)が動作し、自己保持します。 同時にタイマー...