PLCシーケンス

PLCシーケンス

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)とは?

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)とは、シーケンス制御専用ともいえる、マイクロコンピュータのことを言います。一般的にシーケンサとも呼ばれていますが、シーケンサという言葉は三菱電機の登録商標となります。 PLC(プログラマブルロ...
PLCシーケンス

PLCに入力機器を接続する方法

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)の入力仕様について説明します。また、入力端子にスイッチやセンサなど外部からの入力信号機器を接続する方法について詳しく説明しています。 PLCの入力仕様 PLCでスイッチやセンサから信号を取り...
PLCシーケンス

PLCの出力機器接続方法

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)出力仕様について説明します。また、出力端子にランプやリレー、モーターなどの外部機器を接続する方法について詳しく説明しています。 PLCの出力仕様 PLCの出力インターフェイスには、リレー接点...
PLCシーケンス

PLCと入出力機器の接続例

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)の入出力端子について説明します。また、入力端子にスイッチやセンサなど外部からの入力信号機器を接続し、出力端子にランプやブザーなど外部へ出力する機器を接続する方法について詳しく説明しています。 ...
PLCシーケンス

ラダー図を使ったPLCプログラミングの考え方

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)はプログラムを実行することによって、制御機器として動作します。PLCが動作することが出来るプログラムをアプリケーションプログラムといいます。このページはラダー図を使ってPLCのプログラムを作るた...
PLCシーケンス

ラダー図の表現方法(図記号)

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)のプログラミング言語であるラダー図で使用される基本的な表現方法を説明します。通常、ラダー図はパソコンの専用アプリケーションで作成します。専用アプリケーションで作成するラダー図は、リレーシーケンス...
PLCシーケンス

ラダープログラム作成のルール

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)のラダー作成のルールについて説明しています。PLCはプログラムを実行することによって、制御機器として動作します。そのプログラムであるラダー図は、シーケンス回路図をラダーシンボルを使って図式化...
PLCシーケンス

ラダープログラムの処理の流れ

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)のプログラムには、処理が行われる順番があります。このページではラダープログラムの処理順序について説明します。また、ラダープログラムが出力を行うタイミングや、内部リレーの動作についても解説していま...
PLCシーケンス

タイマーの動作(PLC)

ラダープログラムで使われる、タイマリレーの説明です。 タイマーの動作 PLCではタイマーは、オンディレー型が使われます。オンディレー型とは、入力信号(タイマーが動作)を受けると、セットした時間(整定時間)だけ遅れて、接点が動作するタイマ...
PLCシーケンス

カウンターリレーの動作(PLC)

ラダープログラムで使われる、カウンターリレーの説明です。 カウンターリレーの動作 ラダープログラムで使用される、カウンターは、カウンターリレーにカウント数をつけてプログラムします。上図では(#10)が、上限のカウント数となります...