ラダー図の表現方法(図記号)

plc PLCシーケンス

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)のプログラミング言語であるラダー図で使用される基本的な表現方法を説明します。通常、ラダー図はパソコンの専用アプリケーションで作成します。専用アプリケーションで作成するラダー図は、リレーシーケンスと非常によく似ています。そのラダー図作成に使ったアプリケーションの機能を使いPLCと通信ケーブルでPLCに転送します。

PLCをこれから学ぶ方からすれば、何を言っているのか分からないと思います。ひとまず、「こんな感じか!」と思って頂ければと思います。

PLCの図記号

接点

 

 

a接点a接点

b接点b接点

 

 

入力リレーや出力リレー・タイマー・カウンター・補助リレーの接点の記号です。接点についてもう少し勉強をしたい方はこちらの記事をお読みください。補助リレーは、外部に出力しないプログラム上のリレーです。アドレスは入力リレーの場合は入力ユニットの端子番号、出力リレーの場合は出力ユニットの端子番号、タイマー・カウンター・補助リレー等の場合は、PLCの機種により割り当てられた番号に対応したアドレスとなります。

ラダー図で表現する接点やリレーなどの機器は、全て実在しない仮想的なものです。プログラム上で動作を行わせます。

コイル

コイル

出力リレーや補助リレーの仮想コイルです。出力リレーの場合は出力ユニットの端子番号、補助リレーの場合は、PLCの機種により割り当てられた番号に対応したアドレスとなります。

タイマー

タイマー

PLCの内部リレーでタイマー機能を持つもの。タイマーに入力が入ってから一定時間後に接点が動作するまでの時間を設定できます。アドレスはPLCの機種により割り当てられた番号に対応したアドレスとなります。

カウンター

カウンター

PLCの内部リレーでカウンタ機能を持つもの。設定したカウント数だけ、入力されると、接点が動作します。アドレスはPLCの機種により割り当てられた番号に対応したアドレスとなります。

PLCのアドレス

PLCのプログラミングでは、リレーにアドレスを割り当てます。アドレスには初めから決められたアドレスを割り当てるリレーと、自分でアドレスを割り当てるリレーがあります。

初めから決められたアドレスを割り当てるリレーは、入力リレーと出力リレーです。この2つのリレーについては、アドレスは端子番号になります。

自分でアドレスを割り当てるリレーは、入力リレーと出力リレー以外のリレーです。これらのリレーは内部リレーといい、法則に従って自分でアドレスを割り当てます。尚、内部リレーの割り当て方は、PLCの機種により異なります。ただし、プログラムは専用のアプリケーションソフトで作成しますので、違いについてはあまり気にしなくても大丈夫です。

PLCシーケンス
cubeをフォローする
基礎からわかる電気技術者の知識と資格

コメント